一人でも多くの日本人が生き抜くために。

2012年01月08日

議員のパーティー券

東電、10議員を「厚遇」  パーティー券を多額購入
東京電力が電力業界での重要度を査定し、自民、 民主各党などで上位にランク付けしてパーティー券を購入していた計10人の国会議員が判明した。
電力会社を所管する経済産業省の大臣経験者や党実力者を重視し、
議員秘書らの購入依頼に応じていた。
1回あたりの購入額を、政治資金収支報告書に記載義務がない20万円以下に抑えて表面化しないようにしていた。

また、東電の関連企業数十社が、東電の紹介などにより、
多数の議員のパーティー券を購入していたことも判明した。

複数の東電幹部によると、東電は、
電力業界から見た議員の重要度や貢献度を査定し、購入額を決める際の目安としていた。
2010年までの数年間の上位ランクは、いずれも衆院議員で、
自民では麻生太郎、甘利明、大島理森、石破茂、 石原伸晃の5氏、
元自民では与謝野馨(無所属)、平沼赳夫(たちあがれ日本) の2氏。
民主では仙谷由人、枝野幸男、 小沢一郎の3氏だった。

posted by めいど at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

カツオ セシウム

高知のカツオからセシウム

  高知県は15日、土佐湾沖で取れたカツオから
  1キログラムあたり2・17ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。
  7月の定期検査開始以降、高知県のカツオから放射性物質が検出されるのは初めて。
  漁業振興課は「半減期からみて福島原発事故の影響だろう。
  規制値の約230分の1で、健康への影響はない」としている。

  1匹約1・5キロのカツオ6匹の食べられる部分を取り出して、県衛生研究所で調べた。
  県は5月、水揚げされたカツオから1キログラムあたり1ベクレルの放射性セシウムを検出。
  「戻りガツオは大丈夫か」との不安の声が多かったため、7月から月に1回検査していた。

  愛媛県でも9月からカツオを検査しているが、放射性物質は検出されていない。


産経新聞 2011.12.15 17:40
posted by めいど at 21:26| Comment(3) | 原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1ポイントを1円として、ポイント募金できます。│ドル箱


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。